Frank Worth Photo print T-shirt James Dean Resting 1955 WHite

1シーズンのHelmut Newtonにつづき

2シーズン目のフォトグラファーはFrank Worth(フランク・ワース)

1923年、ニューヨークで誕生したフランク・ワースは、大学在学中に自身の写真を持って
インターナショナル・ニュース・サービスにアプローチし、キャリアをスタートさせます。

最初の仕事は、グランドセントラルの駅に降り立つ俳優や女優の写真を撮ることで、
ここからハリウッドとフランク・ワースの関係が築かれていくことになります。

フランク・シナトラやマリリン・モンローを撮影しますが、彼は生前多くの写真を公開せず
60年間に渡って蓄積された貴重なネガのコレクションは、1999年の彼の死後、自宅で発見されました。

そこには、私生活を写したかのようなプライベートなものも含まれており、
ハリウッド黄金期のスターたちの当時の自然な姿を見ることができます。

そんな貴重なFrank Worthのネガを使ったオフィシャルが4型販売されます。

2シーズン目の本来のボディーは身幅が広いワイドTee仕様だったのですが
やはり、オフィシャルのネガを使ったフォトTeeなので
流行りのワイドボディーより通常の型が長く着れると考え
JAMで販売するTシャツだけは去年のボディーの着丈を2冀擦した別注ボディーになります。

そしてプリントも熟練の職人によって手刷られるシルクスクリーン。
オリジナルに忠実なこのクオリティは素晴らしい技術だと思います。

去年同様、ビンテージ好きな方々にも着て欲しいフォトTeeです。

James Dean Resting 1955

”有刺鉄線越しに休むジェームズ・ディーン“
1955年、映画『ジャイアンツ(原題:Giant)』の撮影中に収められた一枚。
この作品の撮影一週間後、愛車であるシルバーのポルシェ・550スパイダーで
カリフォルニア州を走行中に、24歳という若さで亡くなってしまいます。

彼の遺作となった『ジャイアンツ』撮影中の貴重な一枚です。

カラー WHite Size L 肩幅49cm 身幅57cm 着丈68cm 袖丈23cm

XL 肩幅51cm 身幅60cm 着丈70cm  袖丈25cm
販売価格 14,300円(税込)
サイズ 

SOLD OUT

Your recent history